カウンセラーです、人は見かけによりません


by phqdrep6se

立教大生殺害「情報」、最高300万円懸賞金(読売新聞)

 警察庁は、未解決事件の有力情報に懸賞金を支払う「公費懸賞金制度」の対象に、東京・JR池袋駅で1996年4月、立教大4年の小林悟さん(当時21歳)が男に突き飛ばされて死亡した事件を追加した。

 期間は11日から1年間で、有力情報の提供者には最高300万円が支払われる。この事件は殺人罪の公訴時効が約1年後に迫っており、警察庁は「事件への社会的関心が高く、容疑者の似顔絵も作成されており、情報提供の可能性がある」としている。

新党からの参院選出馬を否定=石原都知事(時事通信)
小児臓器移植に向け省令・GL作成へ―臓器移植委員会(医療介護CBニュース)
核密約の虚偽説明を陳謝=外相、横須賀市を訪問(時事通信)
取り締まり装い、現金要求=自車に赤色灯、容疑で男逮捕−茨城(時事通信)
「横転した車…外に出られず」タイ駐在員ら帰国(産経新聞)
[PR]
by phqdrep6se | 2010-04-13 03:47